新型出生前診断(NIPT)でなにがわかるの?

生活習慣

新型出生前診断って実施した方が良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

少し前に話題になりましたが、そもそもどういったものなのか理解できているでしょうか?

新型出生前診断について知り、利用するかどうか考えてみましょう。

最後に実施できるところを少しご紹介します。

新型出生前診断(NIPT)とは?

新型出生前診断は、妊婦さんの血液から赤ちゃんのDNAを調べる検査です。

non invasive prenatal genetic test(NIPT):無侵襲的出生前遺伝学的検査、母胎血胎児染色体検査とも呼ばれています。

妊婦さんの血液を、通常の採血とおなじようにして採取するため、妊婦さんにも赤ちゃんにも安全で安心な検査です。

新型出生前診断(NIPT)で何がわかるの?

胎児の染色体を調べることで、染色体異常がないかどうかがわかります。

この検査で調べることができるのは、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症)等です。

他にも性染色体異常も知ることができます。

検査する場所によっても異なってくる可能性がありますので、複数病院を見当してみた方が良いかもしれません。

母胎の血液だけでどうしてわかるの?

妊婦さんの血液中には、胎盤から流れてくる赤ちゃんのDNAが少し混ざっています。

このDNAを調べることで赤ちゃんの染色体に異常がないか調べることができます。

ただし、疑陽性(ホントは陰性なのに陽性とでる)の可能性もあるので、確定検査にはなりません。

あくまでスクリーニング検査であって、可能性がわかるという感じです。

診断を確定するためには何をしたら良いの?

確定検査には羊水検査と絨毛検査があります。こうした検査を行うことで、染色体異常の有無を確定することができます。

新型出生前診断(NIPT)は胎児に影響がほとんどありませんが、こうした確定検査は多少リスクが伴います。

流産や破水などのリスクがあるんです・・・母胎の腹部に針を刺して検査をするためです。

新型出生前診断で陰性になっても、染色体異常の赤ちゃんが生まれてくる可能性はあるし、陽性でも染色体に問題のない赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。

新型出生前診断(NIPT)はいつ受けることができるの?

妊娠10週目から検査することができます。他の母体血清マーカー等は、早くても妊娠11週以降でないと受けることができませんでした。

より早く知ることができるようになったというわけです。

また、特別な年齢制限は設けられていません。夫婦同伴でなくともできるというメリットもあります。

新型出生前診断(NIPT)ってどこでできるの?

日本国内において最も低価格 ラジュボークリニック

NIPTは保険適用外で、値段が最も気になるところです。ラジュボークリニックは新たに金額と検査項目を見直し、日本国内において最安値の88000円(税込)となっています。

ラジュボークリニックでは、認定遺伝カウンセラーの無料電話相談窓口を設けており、安心して利用することができます。

ラジュボークリニックでは、認定遺伝カウンセラーの無料電話相談窓口を設けており、安心して利用することができます。

気になる方はこちらから👇

全国に提携クリニックをもつ 平石クリニック

こちらも認定遺伝カウンセラーが在籍しており、検査を受ける方のケアがしっかり行われています。

平石クリニックの特徴は、全国に提携クリニックをもち、妊婦さんの負担を減らす体制が整えられている点です。

土日に利用できる点もオススメできるポイントです。

気になる方はこちら👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました