食間っていつ?食後と食直後の違いは?服薬タイミングの正解

お薬・サプリ

お薬をもらうときに、『食後』『食前』などの記載があると思います。

中には『食間』や『食直前』といった記載のあるお薬もあります。

これらはいつお薬を飲むのが正解なのでしょうか?ここで解説していきます。

食前と食直前の違いは?

食前とは、食事のだいたい20~30分前を指します。

食直前とは食事の5分~直前を指します。箸を持つ直前っていうのが目安です。

漢方薬などの食前のお薬を食事前に飲み忘れた場合は、食後に飲んでもかまいません。

糖尿病のお薬は食直前に飲むものが多いので、飲み忘れはないようにしましょう。

食後と食直後の違いは?

食後は食事が終わってから30分後までを指しますが、食後すぐに飲んでも大丈夫です。

食直後は、食後5分以内が目安です。

食間っていつ?

食間は、食事と食事の間のことで、食後2時間前後が目安となります。

食事をとっている間ということではないので注意しましょう。

起床時のお薬は?

ボナロンやベネットなどの骨粗鬆症のお薬には、起床時に飲むものがあります。

このお薬は消化管からの吸収が悪いので、食事と同時に服用してしまうと吸収が低下してしまいます。

消化管に全く何もない時間=起床時で、起床時が効果的であるとされています。

服用後30分は食事をしないようにする必要があります。

食前にのむお薬の例

プリンペラン錠やナウゼリン錠などの吐き気止めは食前に飲むことが多いお薬です。

こうした薬は食べ物が胃に入ってくる前や入ってきた時に効き目が出てくるように、食前に飲むのが効果的です。

食直前にのむお薬の例

ミチグリニドCaやボグリボースなどの糖尿病のお薬などが食直前にのむお薬になります。

これらのお薬は食後の血糖値を抑える薬で、食直前に飲まないと低血糖を起こしてしまうなどの弊害があります。

最後に服薬のポイント

生活様式が変化したことで、規則正しい食事の摂取ができていない状況にある人が多く見られます。

こうした状況下では、食事を中心とした服用よりもお薬を飲む感覚を一定にした方が安定した効果が維持できるのではないかと考えられています。

結局のところ、規則正しい食生活リズムをとることが大切ということです。

また、少量の水で飲むのではなく、コップいっぱい程度の水で飲む方が、胃への負担が減ります。

できるだけいっぱいの水でお薬を飲むようにしましょう。

婦人科に行くのに気が引ける、平日は仕事でなかなか病院に行けない、そんな方へ👇

菌が気になる方へ👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました