正しいヘアケアで美しい髪に

美容知識

美しい髪の女性って、きれいですよね。隠せる部分ではないからこそ、ケアが必要です。

もちろん、シャンプーで地肌や髪を清潔にするのは大切なことです。しかし、洗い方が悪いとキューティクルを傷つけていまいます。ここで正しい方法を学びましょう。

ヘアケアの基本

ヘアケアの基本その①ブラッシングで髪のからみをとり汚れを落とす

フォトエリックLarreguiUnsplash

あらかじめブラッシングして、髪のからみや汚れを取っておくと、髪を洗うときの抜け毛や切れ毛が防げ、泡立ちもスムーズになります。

また、血行もよくなるので、汚れを浮かしやすくなります。

ヘアケアの基本その②予洗いで髪と地肌を十分ぬらす

シャンプーの泡立ちをよくするために、髪と地肌を十分にぬらす予洗いをします。

これは髪を傷めず、地肌をまんべんなく洗うため重要なポイントです。シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役割も果たしています。

ヘアケアの基本その③シャンプーをつけるのは泡立ててから

フォトチャリシーKenionUnsplash

シャンプーをそのまま髪や頭皮につけてしまうと刺激が強すぎたり、ムラづきしたり、すすぎ残りが多くなったりします。そこで、シャンプーは手に取ってよく泡立てて使いましょう。

頭頂部の地肌は紫外線などの影響により最もダメージを受けやすくなっているので、シャンプーは後頭部や側頭部につけてから全体になじませていきます。

ヘアケアの基本その④洗うときはこすらず頭皮をもみほぐす

地肌を指の腹でマッサージするように洗いましょう。

マッサージは地肌全体に行き渡るように、特に耳の後ろ~えりあし、耳の上あたりの頭周りの地肌は洗いにくく、洗い残しが多い部分なので丁寧に。髪はシャンプーの泡が行き渡れば十分に汚れが落ちます。

ヘアケアの基本その⑤すすぎは十分に

フォトマシューTkoczUnsplash

シャンプーが残らないように、髪に残った泡を軽く手で落としてからすすぎます。

耳の後ろ~えりあし、耳の上あたりの頭回り、生え際が残りやすいので念入りに行いましょう。

ヘアケアの基本その⑥トリートメントは髪につける

適量を手に取り地肌を避けて毛先から髪全体になじませ、その後十分にすすぎます。

トリートメントは髪になじませた後、しばらく置くとさらに効果的です。

ヘアケアの基本その⑦タオルドライはこすらずやさしくおさえる

髪をポンポンとやさしく押さえるように水気を拭き取り、地肌を中心にタオルドライすると効率的です。

髪同士をこすり合わせるとキューティクル同士がこすれて傷みやすいので、なるべく避けましょう。その後ドライヤーで乾かします。

ヘアケアの基本その⑧ドライヤーは10㎝以上離して

フォトテーマ写真Unsplash

風量の多いドライヤーを使い、温風で水分を吹き飛ばすように蒸発させます。

髪の根元に指を入れて、小刻みに動かしながら、温風を送り入れて乾かします。

ドライヤーの吹き出し口からは10㎝以上の距離を保つと、髪の表面温度が100℃になりにくく、髪を傷める心配がありません。

乾ききった途端急に温度が上がるので、乾き際の髪には熱風を続けて当てないように、温風と冷風を切り替えながら乾かします。

ヘアケアに関する素朴な疑問

白髪は抜いたら増えるってホント?

白髪を抜いても増えることはありません

ですが、抜き続けると生えてこなくなる危険性があります。どうしても気になるときは髪を切るか、カラーリングをオススメします。

妊婦さんでもカラーとかパーマってOKなの?

かぶれると治療に薬が必要になる場合があるため、妊娠中は控えましょう

カラーリング剤には刺激の強い酸化染料が含まれています。妊娠中は肌が敏感になりやすく、酸化染料がかぶれの原因になることがあります。

一方、パーマに関しても低刺激のものであれば大丈夫ですが、できるだけ控えましょう。

フォトネフェリKavvadaUnsplash

寝ぐせを直すにはくせの気になる部分だけぬらせばいいよね?

ブラッシングのポイントってあるのかな?

寝ぐせ直しのポイントはくせの気になる部分だけでなく、髪の根元をしっかりぬらして形を自由に変えられる状態にすることです。

水分を毛髪内部まで十分に浸透させるために、ぬらしてから5~10分程度放置してなじませましょう。その後、乾く間際に形を決めるようにしてしっかりかわかします。

髪の根元から毛先まで一気にとかした場合、もつれは毛先近くに集まり、無理にとかそうとすると髪に大きな力がかかります。その結果、キューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛になってしまうんです。

髪をとかすときは最初に毛先のもつれを丁寧にときます。次に髪の中程から毛先に向かってとかし、最後に根元からとかすようにします。

濡れた髪はとても傷みやすいので、目の細かいブラシやくしを通すのは禁物です。髪が濡れているときは、目の粗いくしやブラシで髪の流れを整える程度にしましょう。

地肌を強く引っ張った状態を続けると、だんだん地肌が伸びて額の方に下がり、しわが目立つようになります。

最近話題のノンシリコーンシャンプーってどんなもの?

シリコーンオイルとは、簡単に言うと髪の滑りをよくする油のことです。シリコーンが入っていないシャンプーはきしみやすいため、洗浄力を弱くしたりカチオン化ポリマーを配合し滑りをよくするものもあります。また、シャンプーのシリコーンは毛穴につまらないことがわかっています。

洗浄力が弱いシャンプーだったら、2度洗いした方がいい?

ハードなジェルなど落ちにくいスタイリング剤を使ったときや、頭皮の汚れが気になるときは2度洗いが必要ですが、過剰に洗うと頭皮の油分が失われ髪のきしみや抜け毛を誘発します。

日常の生活では丁寧に正しい手順で洗えば1度洗いで十分です。

フォトディアナアリスUnsplash

ヘアケアについて解説しましたが、皆さんのいつものケアとおなじでしたか?私は大分はしょってしまっているな…という印象でした。

正しいヘアケアで、きれいな髪を保ちましょう!

日本化粧品検定2級・3級対策テキストを参考に作成しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました