ニキビに悩む人必見!ニキビの予防のために必要な洗顔回数は?

美容知識

ニキビができやすくて、肌に自信がない・・・

洗顔しすぎない方がいいって言うけど、1日何回したらいいのか教えて欲しい💦

こんな風に思っている人はいませんか?

私もそのひとりで、学生時代からニキビに悩まされてきました。顔全体にニキビがあり、すぐにつぶしてしまっていたので、ニキビ跡や新しいニキビでひどかったんです。

ひどいときは病院に行った方がいいと思いますが、日頃のお手入れ次第できれいになれたらいいですよね♪

ニキビ予防には1日2回の洗顔回数が適切だと言われています。汚れが残ってしまうとニキビができやすい環境になってしまいますし、しすぎても刺激になってしまうのでよくありません。

ニキビができる仕組みを理解して、適切なスキンケアを行いましょう。

そもそもニキビってどうやってできるの??

ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。毛穴に皮脂が詰まったり、毛穴の出口の角層が厚くなって毛穴を塞いでしまうことによって起こります。

それを好むのがアクネ菌。こいつが増えてニキビになるんです。

アクネ菌って??

ちょっと難しい話にはなりますが・・・

Propionibacterium acnesP. acnes
プロピオニバクテリウム・アクネス

のことです。

無芽胞性のグラム陽性桿菌で、嫌気性菌なので基本的には酸素のないところを好みます。

皮膚常在菌といって、人の皮膚に常にいる菌だと思っておいてください。脂質が好きなので、毛穴とかに皮脂がたまるとそこにアクネ菌が増えてニキビが悪化してしまうんです。

毛穴に詰まった皮脂って、アクネ菌にとっては、酸素が少ないし、栄養がいっぱいある絶好のすみかになるんですね。

アクネ菌=ニキビってイメージが大きいと思うんですけど、アクネ菌がいるからニキビができるって訳ではないんです!常に皮膚には存在してて、皮膚を守ってくれてます。

お手入れをサボったり、洗顔のしすぎとかで刺激が強すぎると、毛穴に皮脂が詰まって、そこにアクネ菌が増えてニキビになるって感じですかね。アクネ菌の絶好のすみかが増えたら、その分アクネ菌も増えてしまうので、適切なお手入れが必要だというわけです。

ニキビのタイプを4つに分類!

ニキビは大きく分けて白ニキビ黒ニキビ赤ニキビ黄ニキビの4つに分類されます。ニキビができる仕組みとともに、ニキビタイプを見ていきましょう。

正常な皮膚は毛穴の出口が開いています。

しかし、汚れを放置したり、洗顔のやり過ぎなどによる刺激で、毛穴部分の角層が厚くなって毛穴が詰まります(角質肥厚。このとき、ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になってしまいます。

毛穴の出口部分が塞がってしまうと、皮脂が毛穴に溜まってしまって、白ニキビとなります。ここに皮脂が好きなアクネ菌が増えてしまうんです。

この溜まった皮脂が酸化すると、黒ニキビとよばれるものになります。

この状態から次第に毛穴内に炎症が起こって、毛穴周りが赤く腫れてきてしまいます。この状態が赤ニキです。毛穴の中や周りに白血球が集まって、アクネ菌を攻撃しはじめます。

さらに悪化して、膿を持つようになってくると黄ニキビ(膿疱)となります。

この炎症が進むと、毛穴の壁が壊れてしまって、広がることもあります。炎症が強すぎるとへこんで跡が残ってしまうんです。この状態がクレーターです。

クレーターになっちゃうと、化粧品では限界があるので、そうなる前に対処することが大切です。

ニキビのタイプ別適切なお手入れ方法

ニキビの状態によって、お手入れ方法を変えましょう。適切なお手入れをすることで、悪化を防ぐことにつながります。

ここでは、大きく3つに分類してお手入れ方法をご紹介していきます。

角質肥厚、白ニキビや黒ニキビに

ニキビ肌用の皮脂抑制・角層柔軟・抗炎症・殺菌効果などがある洗顔やスキンケアがおすすめです!毛穴詰まりが気になる部分には、AHA(アルファヒドロキシ酸)サリチル酸などが配合されたピーリング化粧品を使用して余分な角質をためないようにしましょう。

ただし、ニキビに対する治療で頻繁に使用されているレチノイド外用薬による刺激性皮膚炎が生じている間は、ピーリングは避けましょう。皮膚炎を悪化させてしまうことがあります💦

赤ニキビや黄ニキビに

できるだけ触らずに余分な皮脂だけを易しく洗顔で取り除きましょう。炎症を起こしてしまった状態なので、自己判断は厳禁です!皮膚科で相談するのをオススメします。問題なかったら、抗炎症や殺菌効果のある成分が配合された化粧品を使うといいですよ。

洗いすぎと刺激に注意をして、メイクはできるだけ控えましょう。

ニキビ跡がのこったら・・・

クレーターができてしまうと、化粧品では限界があります💦医療機関でのケミカルピーリングやレチノイン酸の塗り薬、レーザーを使ってターンオーバーを促進します。

敏感肌の人や炎症を起こしやすい人には不向きなので注意が必要です!

ニキビが治っても、赤みが残ってしまった場合は、ビタミンC誘導体や抗炎症効果のある成分を配合した化粧品やイオン導入がいいです。

ニキビが治ってシミが残ってしまった場合、日焼けすると消えにくくなってしまうので、紫外線対策をしましょう。美白化粧品やピーリングが効果的です。

大人ニキビと思春期ニキビって別物??

思春期ニキビは10代が中心で過剰な皮脂分泌が原因で起こります。一方で、大人ニキビは、乾燥やストレスの増加、睡眠不足など生活のあらゆることが原因で起こります。また、バリア機能が低下しているため炎症が長く続き、ニキビ跡が残りやすいのが特徴です。

そのため、大人ニキビの場合、皮脂を取り過ぎず、炎症を抑え保湿もできる大人ニキビ用の化粧品を使ったケアが必要になります。

思春期ニキビ大人ニキビ
年代10代が中心20代以降
場所/
肌質
Tゾーンが中心
オイリー肌にできることが多い
顔の下半分が中心
乾燥肌にできることが多い
時期春~夏(皮脂分泌が多い季節)季節を問わずいつでも
原因過剰な皮脂分泌ストレスや不規則な生活等生活のあらゆることが原因
・体内バランスの乱れ
・免疫力の低下
・バリア機能の低下
・古い角質の蓄積
・肌の乾燥
対策思春期ニキビ用化粧品やニキビ治療薬
・アクネ菌に働きかける
・炎症を抑える
・過剰な皮脂を取り除く
・肌を清潔に保つ
・厚くなった角層を剥がす
大人ニキビ用化粧品
・炎症を抑える
・皮脂を取り過ぎない
・十分な保湿ケア
・厚くなった角層を柔らかくする
思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビができる前に予防しましょう!

ニキビはできてしまってからでは治すのが大変です💦日頃からケアを怠らずに、予防していくことが大切です😊

ニキビ予防の5つのポイントをご紹介していきます。洗顔は1日2回が最適です!

洗顔は1日2回で十分!

毛穴に汚れをためないために、洗顔が大事です!余分な皮脂はしっかり洗い流しましょう。ただし、洗いすぎてしまうと、必要な水分や油分を取り去ってしまうことになるので、基本的には1日2回で十分です。

酵素洗顔とかピーリングの商品がよくお店の棚に並んでいるのを見かけます。こういった商品は、毛穴のつまりが原因となったニキビを改善する効果は期待できます!ただ、肌の保湿力が低下しやすいので洗顔後の保湿ケアは必須です!

化粧品選びのポイント!

ニキビは皮脂が詰まることでできるということでしたね。だから、皮脂を抑える効果のある成分の化粧品をつかうというのも手です。ニキビの炎症を抑える効果がある成分とか、アクネ菌の殺菌、角層柔軟作用のある成分を配合したものとかが、ニキビ予防化粧品になります。

しっかり保湿を行い、バリア機能のある角層を育てるというのが大事なことかなと思います。

皮脂だけがニキビができる原因というわけではないですが、アクネ菌の増殖を抑えるために、油分の少ない化粧品や、ノンコメドジェニックと表示された化粧品を使う方がニキビのできにくい肌を作ることができます。皮脂の酸化を防ぐビタミンC誘導体を配合した化粧品もオススメですよ!

ノンコメドジェニック??そんなの聞いたことないけど・・・

コメドっていうのは、白ニキビと黒ニキビのことを指します。皮脂が溜まった、ニキビの初期段階といったところでしょうか。ノンコメドジェニックとは、ニキビになりにくいってことです。

コメドができにくいかどうかのテストをクリアした商品にはノンコメドジェニックテスト済みと表示されています。こう表記された商品を選ぶといいですよ。

しっかり睡眠をとりましょう!

睡眠不足になると免疫力が低下して、ニキビもできやすくなってしまいます。

コレは一番私が実感していることです。以前、夜勤をしていたとき、寝る時間が短くなってしまっていたこともあって、ニキビがひどくなりました。

しっかり眠れた日は肌の調子もよく感じます。睡眠時間は人によって違いますが、質のよい睡眠をとることが大切です!睡眠については次の記事を参考にしてください😊

ビタミンを補給しよう!

脂質の代謝を助けるビタミンB2、脂肪分解をコントロールするビタミンB6が不足してしまうと、ニキビができやすくなってしまいます。また、ビタミンAはニキビの炎症を防ぐ効果があります。

こうしたビタミンを多く含む食事を心がけることが大切です。もし足りないときはサプリメント等で補うといいかなと思います。

ビタミンについても別の記事でご紹介していきますね。

便秘を避けることも大事です!!

便秘もニキビを悪化させてしまう原因の一つと言われています。食物繊維の多い食事や水分をしっかりとり、規則正しい生活を心がけ、便秘に注意しましょうね!!!!!

食物繊維は取り過ぎると逆効果です。全くとらないのも問題ですが、取り過ぎにも注意しましょう!

ニキビができてしまったら・・・

炎症を起こしたニキビをつぶすと雑菌が入り化膿する可能性があります💦

ニキビの芯や詰まった皮脂を出してしまえば悪化することなく治るでしょう。

しかし、自己流でつぶすのは危険です!無理矢理ニキビを押し出しても皮膚の組織を押しつぶすだけで、毛穴が傷んで跡が残ってしまうことがあります。

炎症が起こる前の白ニキビを即治療したい場合は、美容クリニックや皮膚科で対処してもらいましょうね。

過剰な洗顔はやめましょう。乾燥して余計な皮脂が分泌されてしまうこともあります。しっかり泡立てて、泡を転がすようにやさしく洗顔するようにしましょう。

手には見えない雑菌がいっぱいです。触ることで悪化させてしまうこともあります。また、顔のニキビに髪が当たると刺激になってしまい、悪化する原因になります。

化粧水のパッティングなどで刺激を与えないようにしたり、油分の多い化粧品は控えましょうね。

ニキビについて少しは理解できたでしょうか?適切なお手入れ、予防でニキビのないきれいな肌をめざしましょう😊

 \芸能人愛用の保水力に優れたにきび跡専用化粧水👇/

 \体験しよう!ニキビ徹底集中ケア充実の施術👇/

 \肌周期を整えることで大人ニキビ・肌荒れのできにくい肌に👇/

コメント

タイトルとURLをコピーしました